プチプチつぶしとは

プチプチつぶしとは、気泡緩衝材(俗称プチプチ)を潰す遊び。
気を紛らわしたり、ストレスを発散する効果もあり、
ポリエチレンの袋を破る軽快な音と、
無数に繰り返される動作に中毒性がある。

テレビ番組「脳力探検クイズ!ホムクル」が
2004年6月12日に放送した調査によると、
以下のような結果が得られている。
生まれて初めてプチプチを見る2歳の幼児が、
何も教わらないうちに潰し始めた。
伊豆シャボテン公園のチンパンジーも熱中した。
ただし購入してまで遊びに熱中する人は稀で、
贈答品や購入した商品の梱包材で遊ぶ程度である。
そのためか疑似体験できるサイトがインターネット上に存在する。

また、「プッチンスカット」という潰すためだけの
娯楽商品も販売された。これは潰したときの音に工夫を凝らし、
ストレス発散により効果的だったという。

さらには、バンダイより2007年9月に
「∞(むげん)プチプチ」という、
プチプチつぶしの感覚を疑似体験でき、
かつ減ることがなく何度でも繰り返し押すことが
可能なキーチェーン型の玩具が発売された。
(ウィキペディアより引用)

∞プチプチの購入はこちらから
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。